教育情報事業

予定 実行委員長 副委員長 委 員 幹事
4月 定例会 松田 足立 - 藤田
5月 定例会 松田 足立 - 藤田
6月 総会 松田 足立 - 藤田
7月 勉強会 村井 永橋 煖エ
将記
武井
9月 見学視察会 三浦 國松 若井 安部
10月 勉強会 近藤 内藤 藤田
12月 勉強会 尾島 桑木 大岡 中島
茂雄
1月 勉強会 熊谷 安藤 石田 松戸
2月 勉強会 藤崎 中村 國松 山口
3月 勉強会 渡邉 後藤 関根 広本

福利厚生事業

予定 実行委員長 副委員長 委員 幹事
8月 納涼会 若井 古市 内藤
11月 スポーツ会 関根 藤崎 足立
12月 忘年会 中嶋亮太 煖エ将記 藤崎 常富
2月 駅伝大会 古市 三浦 石田

東京都中小企業団体青年部協議会事業

委員:常富・中島茂雄

活動報告
事業計画

平成28年度事業計画

自 平成28年4月01日
至 平成29年3月31日


我が国の経済は、法人実効税率の引き下げやTPPの大筋合意など、企業の事業環境の六重苦といわれる構造的な課題が解決されつつあり、全体として回復の軌道に向かい、力強い成長に向けた転換点にある。今後、成長戦略の主役である民間企業の積極的な行動により、日本の明るい未来への確かな道筋が示されることが大きく期待されている。

政府の経済対策により大企業では業績好転が図られる一方で、中小・小規模事業者にとってはコスト増による価格転嫁等の課題や消費税軽減税率の導入といった新たな課題など、引き続き厳しい経営環境を強いられることは想像に難くない。日本経済が本来の力強さを取り戻すための原動力は、何といっても中小・小規模事業者の元気であり、こうした事業者のやる気と潜在能力を引き出し、各企業の前向きな活動を後押しする政策や経営支援策が強く求められている。

我が組合メンテに目を向けると、様々な公共インフラの老朽化がクローズアップされるなかで、これまでの厳しい環境下がやや改善し、東京都下水道局との信頼関係のもと、予防保全としての下水道の維持管理工事や作業は堅調に推移、2020年東京五輪開催に向け国際都市東京の足元整備にますます発展が期待される。

このようななか青年部では、下水道メンテナンス協同組合設立40周年の節目の年にあたり、先人に学ぶことは勿論、10年先を見据えた事業活動を積極的に展開し、メンテならではの活性化事業推進活動を組合に情報を発信する。具体的には、社会的な課題である事業継承や人材不足解消のための募集や企業PR、さらには進行する少子高齢化や働く作業員の負荷軽減のためのロボット化など、会議室の外の現場を踏査する勉強会を実施し知識と見識を得る。また、本音で話し合える価値のある仲間関係を築くために、見学視察会やスポーツ会等福利厚生事業を通じ会員相互の親睦を図る。異業種青年部との交流やビジネスチャンスの拡大を目途に、東京都中小企業団体青年部協議会事業に参加し、チャリティー活動を行う。

これらを踏まえ平成28年度事業計画を下記の通り策定する。